アフィリエイトで量産で稼げる人と稼げない人の違い


blog
アフィリエイトで記事を
10記事くらいのボリュームで
ひたすら量産しまくれば
稼げるという情報が存在します。

稼げる、稼げないという部分だけに
反応している人は情報弱者かもしれません。

アフィリエイトでただサイト量産するケース

おそらくですけど、
興味をもったところだけをとりあえず
量産してみようかなみたいな感じで頑張ったところで

「雀の涙」くらいの収入で打ち止めか
右肩上がりになることなく、浮き沈みする収入を
続けることになるかだと思います。

量産で稼げない傾向にあるの特徴

  • とりあえず量産しているだけ
  • 浅い知識の情報コンテンツになっている傾向にある
  • 売れた理由を分析していない

個人的に、1サイトを大きく育てていると身についてくる
深い情報まで考えて還元するという力が身につかない傾向にあるので
「浅い内容」になってしまいやすく

アクセスもあまり来なければ、
ユーザーに響く文章をなかなか書けないという状況を招きます。

また、量産をしていたら無報酬ということは
ありえないはずです。売れた時に何が売れたのかとか
どういうものを書いたら売れたのか?
どのジャンルのものが売れたのか?

こういうものを「インプット」しつつ
行動しないといけません。

量産で稼げる傾向にあるの特徴

  • 得意ジャンルに絞って集中量産
  • 手応えのあったジャンルに中心に活動
  • 1サイト50記事くらいのボリュームで量産

最後の、1サイト50記事くらいというのは
例え話の例であって、50あればOKというわけではないので
注意してくださいね。

だいたい傾向としてですが、最初はジャンル問わずに
いろいろと量産をしてみる人が多いです。

で、賢い人は売れたジャンルの傾向を見て
そこに集中して「いろんな切り口」で量産を開始します。

1つのジャンルに特化するということは
「深いところまで情報収集しないとネタ切れ」起こすので
1サイトを育てる人と同様に、深い専門家になりやすい傾向にあります。

そして、上手い人は
同じジャンル、同じキーワード系のサイトで

検索エンジンの上位を自分のサイトだけで
独占して収入を得る戦略を立てている方もいるのです。

こういう人は、当たり前ですけど
成功者といえるでしょう。

このように、「量産は稼げる、稼げない」と
「手段ベース」で判断する人は「情報弱者」です。

中身を知れば、どっちもありえるというのは
お分かりいただけたでしょう。
どっちもありえるのです。
ということを、覚えておきましょう。


ソーシャルメディアで紹介してもらえると嬉しいです

今日も、最後までお読みいただきありがとうございました。 この記事はお役に立てましたか?もし、仮に あなたのお役に立てたのであれば、他の方のお役に立てるかもしれません。

1人でも多くの方にこの記事を読んでいただくことが、 より良い記事を書くモチベーションとなりますので、 SNSで記事を紹介をどうぞよろしくお願い致します。

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

カレンダー

2017年10月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

このページの先頭へ