検索キーワードで求められている内容をしっかり把握すること


mix
検索キーワードを考えながら決めようよというのは
別のキーワード講座記事でも言ってきましたが
具体的にいくつか事例をだそうと思います。

検索する人のことを想定できていないと
せっかくあなたのサイトの文章を読んだとしても
離脱してしまうかもしれませんから。

検索キーワードと内容はセットで考える

よくある事例から行きますが、商品系のキーワードをベースに集客して
購入を促す流れを書く場合にほとんどの人が失敗しています。

商品系で検索する人というのは
商品の公式ページ、購入専用ページを既に見た上で
まだ、購入しようか迷っているというケースがほとんどです。

ということは、商品の公式ページに書かれているような内容を
言い換えたり、要約したような文章を書いたとしても、

「もう見たし」
「そんなのわかってるし」
「なんだ売り込みサイトか」

こうなって閉じられて
評価されないサイトになっている人が多いです。

もしくは、誰かがこれでもか!と丁寧に解説した
文章を劣化コピーしたような文章になっている人もいます。

商品系キーワードでつくる場合は
なんといっても、その商品を使ってどうだったか
結局のところ、満足できる結果得れているの?といった

その人独自の体験や口コミに近い感想を求めていることが多いです。
だから、その目線で解説した方がいいです。

・「どんな人に効果はあるのか?」
・「どんな人は【不要】なのか?」
・「こうアレンジして使ってみたらこんな感じだった」
・「アフターケアはどんな感じか」

商品系だったら、ここを膨らませたほうがいいです。
これが正解ってわけではないですが、
公式ページの要約記事になるくらいならば
上記のポイントで自分なりの答えを書いたほうがいいです。

もしくは、類似商品との比較した
長所とか短所を見てみるといいかもしれませんね。
比較した別の商品が代わりに売れるかもしれませんし(笑)

このように検索する人は、どんなことを考えて
その人の状況を踏まえて書くようにがんばっていきましょう。


ソーシャルメディアで紹介してもらえると嬉しいです

今日も、最後までお読みいただきありがとうございました。 この記事はお役に立てましたか?もし、仮に あなたのお役に立てたのであれば、他の方のお役に立てるかもしれません。

1人でも多くの方にこの記事を読んでいただくことが、 より良い記事を書くモチベーションとなりますので、 SNSで記事を紹介をどうぞよろしくお願い致します。

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

カレンダー

2017年10月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

このページの先頭へ