アフィリエイト向けのコピーライティング:4つのポイントとなる基礎


Notes-2-icon
売れる文書を書くには
コピーライティング能力を鍛えることが必要だ!と
躍起になってその勉強ばかりしていたら
いつまでたっても資産となるサイトはできません。

だから、ある程度作業をこなして
並行して少し学ぶくらいで最初は良いです。

アフィリエイトで売れる文章で押さえておきたいポイント

  • 1:売り込み色を強くしない
  • 2:自分自身の体験をベースに書く
  • 3:なぜ?に答えれる要素を加える
  • 4:子供でもわかる文章で書く

これを気をつけつつ、記事を書く事をこなしていけば
半年もたてば何らかなの形で成長します。

例えば、初めて商品が売れたら
どんな記事を書いたから反応があったのかな?といった
成功事例を教訓にステップアップしていくものです。
わたしがそうでしたから。

あと、体験談をしっかり書く事です。
完全オリジナルの文章は書けないので、何かを参考にする形で
はじめはやっていくことになるでしょうけど、

これに自分の教訓や感想、体験があって
はじめてオンリーワンの価値あるコンテンツになります。

3つ目に意識したいのが「なぜ?」に答えれる要素を入れることです。

人の脳は「Why(なぜ)⇒How(どのように)⇒What(何)」の流れで言われると
自然に納得するメカニズムがあると言われています。

・WHYでなぜ必要かを書き
・HOWで体験的なことを書き
・WHATで何が必要かを書く

この通りに書けば、絶対に大丈夫というわけではないので
適宜、流れによって改良してほしいですけど
こういう風に書く訓練をしていけば自然と手が進みます。

最後に、子供でもわかる文章を気をつけてください。
つまり変なカタカナ用語や専門用語を使わないでねってことです。

この記事の悪い例えで言えば
「コピーライティング」は「売れる文章を書く技術」としたほうが
初心者にとってはわかりやすいです。

このように、わかりやすい言葉を選ぶようにして
文章を書くようにしていきましょう。


ソーシャルメディアで紹介してもらえると嬉しいです

今日も、最後までお読みいただきありがとうございました。 この記事はお役に立てましたか?もし、仮に あなたのお役に立てたのであれば、他の方のお役に立てるかもしれません。

1人でも多くの方にこの記事を読んでいただくことが、 より良い記事を書くモチベーションとなりますので、 SNSで記事を紹介をどうぞよろしくお願い致します。

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

カレンダー

2017年10月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

このページの先頭へ