サイト記事を書いたら文章チェックをしよう


Pen-icon
はじめのうちは
記事を書いたら文章を見直し
修正することを意識しましょう。

「文章を書く」⇒「読み直して修正」
これをやることでライティングスキルは
通常の3倍は早くアップしますから。

文章をチェックすべきポイント

あなたらしさが見える文章か?

機械的な無機質な文章になっていないかをチェックです。
評論家みたいな文章になると共感が得られにくいので
体験談や感想をいれながらかけているかを考えましょう。

サイトのテーマとあっているか?

あなたが書いた記事がサイトのテーマとあっているか?
これが大事になります。

これを書くとこの「レジャーバンズ特命課」は
テーマと合ってないことを書いてない?と思われるかもしれませんが

私が自由を得て余暇を楽しむ過程で、学んだこと
ステップアップしている軌跡をまとめるサイトを意識
していますので、
テーマがそれているわけではありません。

ただし、このように説明しないと理解が得られないというわけですね。
ぱっと見テーマがマッチしていないけど、意味がある場合は
しっかりと説明するようにしましょう。

文章から伝わる気持ちはどうかを考える

傲慢で知識をひけらかすような文章だったり
読んでて「イタイ」文章になっていないかをチェックしましょう。

個人的な意見ですが、記事を書くときの気持ちが
そのまま文章に反映されることが多いです。

例えば、リアルでイライラすることがあったときに
アフィリエイト向けの記事を書くと
「どことなく、怒るトゲのようなものが見え隠れしてたりします。」

逆にいいことがあったときに
文書を書くと「ウキウキするような」気持ちが文章から伝わります。
これは、1日くらいたって見直したら顕著にわかります。

文章は基本的に「丁寧」「誠実」「謙虚」である方が
万人受けするので文章から伝わる気持ちにも目を向けましょう。

1文節が長すぎないかをチェック

ゲームに学ぶコピーライティングでも書きましたが
2,3行を1ブロックとして改行するようにまとめください。
そうしないと、読みにくいですからね。

難しい専門用語を使っていないか?

これは、自分よりも初心者をターゲットに
文章を書く場合に気をつけるようにしてください。

「何言っているのかわからない」と
たまーにわたしも、コンサルをしている
メンバーから言われることがあります。

これは人に読んでもらうとかできるのならば
知人とかに見てもらってわからにくいところない?と
聞くのが一番てっとり早いです。

呼びかけている要素はあるか?

これは全ての記事にないといけないわけではないですが
「もしかしてこう思ってない?」みたいに
呼びかけて気持ちを代弁する要素を入れると

実際に読んでいる人は「共感しやすくなります。」

知人にメールを出すときの文章とか
1人に当てて書いているので、こういう要素が
自然と反映されていたりします。

だから、誰か特定の1人をイメージして
文章を書くといいかもしれませんね。

文章を声に出して読む(最終調整)

これは、わたしもあまりやらないので
やらかしてしまう部分でもあります。

これは、文章チェックで修正する際に、たいてい「部分修正」をやるから
全体の流れがチグハグになってつながっていないという状況を
回避するために声に出してチェックする必要があるということです。

全体の流れが大丈夫かを最終確認のため
できれば、音読してチェックしましょう。


ソーシャルメディアで紹介してもらえると嬉しいです

今日も、最後までお読みいただきありがとうございました。 この記事はお役に立てましたか?もし、仮に あなたのお役に立てたのであれば、他の方のお役に立てるかもしれません。

1人でも多くの方にこの記事を読んでいただくことが、 より良い記事を書くモチベーションとなりますので、 SNSで記事を紹介をどうぞよろしくお願い致します。

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

カレンダー

2017年10月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

このページの先頭へ